2017-09-05

書籍紹介

量子コンピュータ関連の書籍を紹介します。

量子コンピュータが人工知能を加速する

西森 秀稔, 大関 真之

量子アニーリングを考案した西森先生とお弟子さんである大関先生が書かれた、量子コンピュータの入門書です。コンパクトで分かりやすい記載でスイスイ読めます。

先生、それって「量子」の仕業ですか?

大関 真之

量子力学の入門書です。大関先生は元予備校講師ということもあり、忍者が多数登場するなど様々な例えを用いて量子の関係する現象等が説明されています。

量子コンピュータ入門(第2版)

宮野 健次郎, 古澤 明

大学1年生向けに書かれた量子コンピュータの教科書です。この手の本にしては珍しく改訂版ということで、評判の本であることが伺えます。論理ゲート方式の話がメインで Shor の素因数分解アルゴリズムについて丁寧に書かれています。

量子アルゴリズム

中山 茂

様々な量子アルゴリズムについて紹介されており、量子アニーリングの一つである量子断熱計算アルゴリズムについても解説されています。

量子プログラミングの基礎

ミンシェン イン

情報系の立場から書かれた本で、量子コンピューティングの基本的な概念等を扱った言わば量子プログラミング言語論について体系的にまとめられています。