量子コンピューティングの今を前に進める

本サイトは量子コンピュータの導入や実践のハードルを下げ、量子コンピュータの普及促進と活用による社会貢献を目指すFixstars社の取り組みを発信・公開するためのサイトです。

What’s New

2019.12.9
本サイトがリニューアルしました。
2019.12.9
開発支援環境ページが追加されました。
2019.12.9
開発サービスページが追加されました。

量子コンピューティングにおける私たちの取り組み

次世代のアクセラレータとして注目を集める量子コンピュータ。
量子コンピュータの普及と活用が前に進めば、これまで解決困難だった問題が解け、より利便性の高い豊かな社会を築ける可能性が拡がります。
しかし導入においては高い専門性が求められるため、環境構築や実践のハードルは高い状態です。
私たちはこの様な状況の中で、あらゆる分野で量子コンピュータの活用を促進するため、量子コンピュータを使いこなすための取り組みを積極的に始め、前に進んでいます。

取り組み01

開発サービスの提供

組合せ最適化問題をはじめとした実社会における課題に対して、量子コンピューティングを用いた課題解決を提供します。 量子コンピューティング、CPU・GPU・FPGAのソフトウェア高速化技術を含めたソリューション提案も可能です。

取り組み02

支援環境の開発

私たちは量子コンピュータの普及において、ソフトウェア環境整備が最重要であると認識し、支援環境の開発に取り組み始めています。 その先駆けとして、現在は開発支援環境とGPUアニーリングマシンの2つの開発状況について公開しています。

取り組み03

技術リソースの公開

フィックスターズの技術者有志が、量子コンピュータの普及と利用促進を目的として、量子コンピュータに関する基礎知識、ハードウェア、アプリケーションや研究調査などの技術情報を執筆・公開しています。

01. 開発サービス

Development Services

組合せ最適化問題をはじめとした実社会における課題に対して、量子コンピューティングを用いた課題解決を提供します。 幅広いネットワーク、ハードウェアの専門知識、豊富な実績により、どこよりも的確にお客様のご要望にお答えします。

様々なアクセラレータのプロフェッショナルであるFixstarsなら、量子コンピュータのみならず、CPU・GPU・FPGAのソフトウェア高速化技術を含めたソリューションをご提案することができます。

Learn more
Iphone
Iphone

02. 開発支援環境

Development Support Environment

私たちは量子コンピュータの普及において、ソフトウェア環境整備が最重要であると認識し、支援環境の開発に取り組み始めています。

その先駆けとして、アプリケーション開発の効率化するための「開発支援環境」と、手軽に量子プログラミングを体験することが可能な「GPUアニーリングマシン」の2つを開発状況について公開しています。

Learn more

03. 技術リソース

Technical Resources

フィックスターズの技術者有志が、量子コンピュータの普及と利用促進を目的として、量子コンピュータに関する技術情報を日本語で執筆・公開しています。

量子コンピュータの基礎から、利用可能なハードウェア、量子アニーリングの解説、アプリケーションの紹介、アニーリングマシンを中心とした量子コンピューティングの研究調査にいたるまでを詳しく説明しています。

Learn more
Iphone

お気軽にご相談ください。

プログラミング支援環境、開発サービス、その他各種ご相談はこちらから。

フィックスターズの量子コンピューター関連ニュース

Standard Post with Image

光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術:光電子情報処理の研究開発委託先に採択

マルチコアCPU/GPU/FPGAを用いた高速化技術のグローバルリーダーである株式会社フィックスターズ (本社: 東京都品川区、代表取締役社長: 三木 聡、以下、フ...

Standard Post with Image

国際会議「AQC 2019」で東京大学、早稲田大学との共同研究成果をポスター発表

2019年6月24~28日にかけて開催される国際会議、Adiabatic Quantum Computing Conference(AQC 2019)で、量子アニーリングに関する2つのポスター発表を行...

Standard Post with Image

IPA主催「量子コンピューティング技術シンポジウム」(3月11日、京都)に登壇します

経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の主催する「量子コンピューティング技術シンポジウム」京都会場(3月11日)に弊社エグゼクティブエ...

Standard Post with Image

量子アニーリングマシンを使いこなす共通ソフトウェア基盤の研究開発に採択

2018年9月5日、早稲田大学を代表事業者(研究開発責任者 理⼯学術院 ⼾川 望教授)とし、東京工業大学、情報・システム研究機構 国⽴情報学研究所(以下、NII)、国...